やないふみえ 大人のためのピアノ・エレクトーン教室

~ 札幌市西区西野4条1丁目のピアノ・エレクトーン教室です ~

2 鍵盤の数を数えてみましょう

> はじめての鍵盤楽器 > 1 ピアノやエレクトーンを始めてさわる方へ 
               3 黒鍵(黒い鍵盤)だけ弾いてみる →

 

■ ピアノの鍵盤は88鍵あります。

どういうことかと言うと、
この白い鍵盤と黒い鍵盤を下から順に数えていきます。


 

(写真をクリックすると拡大表示します)

 


上まで数えると、

白い鍵盤が52個(鍵)、黒い鍵盤が36個(鍵)あるので、
合わせて、88個になります。

つまり、88の鍵盤があるということで、ピアノは、88鍵。

 

■ エレクトーンの鍵盤の数は、

一般(普及)モデルだと、
上鍵盤49鍵、下鍵盤49鍵、足鍵盤20鍵。
フルベースモデル だと、
上鍵盤61鍵、下鍵盤61鍵、足鍵盤25鍵。

 

■ ピアノは、88鍵あるので、中央=まん中は、

下(左)から数えて44鍵目が、中央のミ、
上(右)から数えて44鍵目が、中央のファ、になります。
ミとかファと言われても、どの鍵盤かわかりませんよね。
YAMAHAのロゴが見えてる、MとAの間がまん中で、
白鍵(白い鍵盤)が2つ並んでる、左がミ、右がファの音です。


            ↑   ↑
           
ミ  ファ

 

■ エレクトーンのまん中は、

この場合は、49鍵や、61鍵の鍵盤を数えて、
まん中を見つけるのではなく、
ピアノのまん中と同じ、ミとファの音のところが、
エレクトーンのまん中になります。

 

 

 

(写真をクリックすると拡大表示します)

拡大表示するとわかりますが、
YAMAHAのエンブレムが貼られている場所は、
ドとレの間あたりです。
最近のエレクトーンは、演奏する時、
まん中のミとファのところではなく、
もう少し左寄りのドの前に座ることを推奨しているからです。
         ↑
   エレクトーン講座 Studio Fun提供 <豊島良行先生 作>  
   第1回 エレクトーンどこにどうやって座るの? より

      ↑
      

3 黒鍵(黒い鍵盤)だけ弾いてみる →

 

 

 

サイトマップ