やないふみえ 大人のためのピアノ・エレクトーン教室

 ~ クラシックからポピュラーまで 〜

5 全音だけでできている音階

はじめての鍵盤楽器 > 4 黒鍵だけで弾ける曲 
            6 半音だけでできている音階 →

 

全音音階(ホール・トーン・スケール=Whole tone scale )

2つ並んでいる黒鍵は、2と3の指で、
3つ並んでいる黒鍵は、2と3と4の指で弾くのを覚えたら、
これを使って、全音音階を弾いてみましょう。

■ 2つ並んでいる黒鍵を使う全音音階を弾いてみましょう。

1、2、3、1、2、3、の指で弾けるので、すごく簡単です。

黒鍵          2、3、
白鍵  1、2、3、1

右手で → の方へ弾いていきます。

                       2 3の指で
                       2つ並んだ黒鍵
                  
               ファ   

右手の1の指をまん中のファに置いてください。
ファから上の白鍵を、ファ、ソ、ラ、シ と弾いて、
次に2つ並んだ黒鍵を弾きます。



どの鍵盤を弾くか覚えたら、左手でも弾いてみましょう。
左手の場合は、シから左へ 弾いていきます。。
シ、ラ、ソ、ファ、2つ並んだ黒鍵、の順に弾きます。

                シは1の指
              ラは2の指
            ソは3の指
         ファは1の指
2つ並んだ黒鍵 は、
       2の指
     3
の指で弾くので、弾きやすいです。

慣れてきたら、右手は、ファ、ソ、ラ、シ、2つ並んだ黒鍵、
の次に、
出だしの音のひとつ上(オクターブ上)の音を加えて、
ファ、ソ、ラ、シ、2つ並んだ黒鍵、ファ、という、
音階にしましょう。
左手は、シ、ラ、ソ、ファ、2つ並んだ黒鍵、シ、
で、音階になります。
指は、弾きやすい指(例えば4の指)でいいです。

 

■ もうひとつの全音音階は、3つ並んでいる黒鍵と、
さっき使わなかった白鍵3つを使って弾きます。

この全音音階は、慣れるまでは左手の方が弾きやすいので、
左手で弾いてみます。

白鍵        1、3、1 
黒鍵  4、3、2、

           左手で、← の方へ弾きます。

          
          
 4 3 2
 3つ並んだ黒鍵

左手の1の指をまん中のに置いて、
ミから白鍵を3つ、 は1の指、
        は3の指、
      は1の指で、
黒鍵は、2、
  3、
 の指で弾きます。

右手の場合は、ドから、
、3つ並んだ黒鍵と弾きます。
指使いは、2、3、4 です。


こちらも、慣れてきたら、
左手は、さいごにミ を、右手は、さいごにド を加えて、
音階のかたちで弾いてみましょう。
こちらも、弾きやすい指(5の指)でいいです。

 

 

ここ↓ からは、詳しい人用です!!  参考までに

■ 全音音階は、この2種類しかありません。

ただし、ひとつ目の全音音階だと、あとは、
   から弾き始めるか
  
   〃  
      〃
  黒鍵2の指から弾き始めるか
  黒鍵3    〃
で、理論上は6種類の全音音階が存在するわけです。
どの全音音階も、弾き始めの音がちがうだけで、
じっさいは、同じ6つの音を弾いているだけです。

2種類 × 理論上は6種類 → 理論上は12種類の全音音階が存在することになります。

 

■ 全音について

全音音階というのは、
全音(=半音+半音)だけでできた音階なので、
となりどうしの鍵盤が半音になっている鍵盤楽器では、
鍵盤をひとつおきに弾いていかなければなりません。

2つ並んでいる黒鍵とか、3つ並んでいる黒鍵は、
間に、白鍵がひとつ入っているので、
そのまま弾くだけで全音になります。

白鍵も、全音音階で使った、
ファ、ソ、ラ、シ
 と、ミ、レ、ド(または、ド、レ、ミ) のところは、
間に黒鍵がひとつ入っているので、
そのままで全音になっています。

 

6 半音だけでできている音階 → 

 

 

サイトマップ