札幌市西区西野4条1丁目のピアノ・エレクトーン教室です♪

塩澤 修三先生について

音大を卒業して、1年後(1976年)だったか、
ヤマハ日吉センターから、
コードプログレッション講座の案内が来ていました。
高校時代から勉強していた和声学とは違う、
ポピュラーやジャズで使われるコードに興味があったので、
申し込んでみました。

当時住んでいた川崎市の自宅から、日吉センターへ行くには、
小田急線の百合ヶ丘から登戸まで出て、
そこから南武線で武蔵小杉まで行って、
東横線に乗り換えて、日吉で降りて15分ほど歩きます。
乗り換えも多いし、駅からも遠いいので、けっこう大変でした。
1990年に、車の免許を取って以降、
車で何回か日吉センターへ行きましたが、
車で行くといがいに近くて楽なんだなと思ったものです。
当時の日吉センターは、現在はリンコー日吉ビルになっていて、
その横に、現在のヤマハ日吉センターがこじんまりとあります。
渋谷、道玄坂のヤマハも閉店してしまったし、
ヤマハが不動産を売却して持ちこたえているのが、なんとなくわかります。
 
 
1976年当時に戻ると、
その時のコードプログレッション講座の講師が、
塩澤 修三さんというジャズピアニストの方でした。
コードプログレッション講座と思っていたのが、
いきなりジャズ和声(ジャズピアノ)講座でした。
この頃、ジャズピアノに興味はなかったのですが、
塩澤先生のジャズハーモニーの豊かな世界には、はまりました。
ジャズで使うテンションノートを入れるだけで、
こんなに美しい響きになるのかと、目からうろこでした。
この講座は、10人ではじまったのですが、1年後に5人に減ってしまって、
結局、途中で打ち切りになってしまいました。
すごく残念だったので、その後、仕事の合間に、
中延の先生の自宅まで何回か習いに行きましたが、
当時、仕事がものすごく忙しくて、
結局、レッスンの準備ができなくて、行かれなくなってしまいました。
 

 

パソコンをはじめて、インターネットにアクセスして、
さいしょに検索したのが、塩澤 修三先生でした。

でも、ネット上に情報が少なくて、
それで、Yahoo!掲示板の鍵盤カテにトピックを立てて、
1976年当時の情報を求めたのですが、
Yahoo!掲示板が下火になって、mixiの方でコミュを作って、
そこで塩澤先生の情報を得られないかと思ったのですが、
情報はなかったですね。
ただ、先生が故人になられているのは、おぼろげにわかりました。

 

追加 2018年5月11日
ブログ を作ったので、何回かに分けて、
塩澤先生のジャズ和声の魅力を書いていけたらと思います。



 

 

サイトマップ