やないふみえ 大人のためのピアノ・エレクトーン教室

 ~ クラシックからポピュラーまで 〜

8 鍵盤楽器は、12個の音のくりかえしからできている

> はじめての鍵盤楽器 > 7 ドレミの歌  

 

ピアノの鍵盤をよく見てください。
いままで、黒い鍵盤だけを弾いたり(ペンタトニック)、
全音だけでできている音階(全音音階)、
半音だけでできている音階(半音階)、
ドレミファソラシドの音階 など、
いろいろな音階を弾いてみましたが、気がつきましたか?

白い鍵盤、つまり、ドレミファソラシという7つの白鍵の音の次は、
またドレミファソラシという音がくり返されていました。
黒い鍵盤だけを弾いた時も、
2つ並んだ黒鍵、3つ並んだ黒鍵を合わせて、
5つの黒鍵があって、それがくり返されていました。

この黒鍵の音は、上に弾いていくときは、
左隣りの白鍵の音に#を付けて、

ド# レ# ファ# ソ# ラ# と呼ばれます。
    #=シャープ。これが付いていたら、
    半音上の鍵盤を弾きます。

 
          ド♯ レ♯   ファ♯ ソ♯ ラ♯
              ファ      (ド)

** ここに出てこない ミ♯シ♯ については、後述。

 

鍵盤楽器は、この7つの白鍵+5つの黒鍵の、
12個の音のくり返しで作られています。

12個の音を順に弾いていくと、半音階になりました。

12個の音を、右手で高い方へ、順に
ド ド# レ レ# ミ ファ ファ# ソ ソ# ラ ラ# シ
と弾いて、最後にさいしょの音と同じ音をオクターブ上で弾いてみましょう。

低い方へ弾いていくときは、
この同じ黒鍵の音が、右隣りの音に♭を付けて、
              シ♭ 
           ラ♭  
        ソ♭ 
     ミ♭
  レ♭ 
と呼ばれます。
ドから降りてくる半音階を、左手で弾いてみましょう。
    ♭=フラット。これが付いていたら、
    半音下の鍵盤を弾きます。


         レ♭ ミ♭    ソ♭ ラ♭ シ♭ 
       (ド) レ  ミ  ファ ソ  ラ  シ  ド

** ここに出てこない ド♭ファ♭ については後述

 


**↓ は、詳しい人向け

上の欄に無かった、ミ#シ#ド♭ファ♭について

#が付いていると、
半音上(右隣り)の音になるので、
ミ# は、ミの右隣りファの鍵盤、
シ#
、シの右隣りドの鍵盤を弾きます

同じように、♭が付くと、
半音下(左隣り)の音になるので、
ファ♭ は、ファの左隣りミの鍵盤、
ド♭ は、ドの左隣りシの鍵盤を弾きます。



                 ミ#         シ#  
               ミ ファ      シ  ド
               ファ♭        ド♭   

こういう、ミ#=ファ、シ#=ド、ファ♭=ミ、ド♭=シの関係を、
異名同音といいます。

どうしてこういうことが起こるかというと、
ミ、ファとシ、ドのところは、
白鍵が半音で並んでいるからです。つまり、
ミの半音上はファ、ファの半音下はミ、
シの半音上はド 、ド の半音下はシ になるからです。

 

> はじめての鍵盤楽器 → 

 

 

サイトマップ