やないふみえ 大人のためのピアノ・エレクトーン教室

~ 札幌市西区西野4条1丁目のピアノ・エレクトーン教室です ~

3) 鍵盤をみっつおきに弾いてみます

  もう一度、鍵盤楽器  > 2) 鍵盤をふたつおきに弾いてみます  
               4) オクターブのまんなかは? → 

 

となりあった鍵盤をそのまま弾くと、半音階
ひとつおきだと、全音音階
ふたつおきだと、減七の和音の構成音
みっつおきだと、
 

         ド# レ# ファ# ソ# ラ#  
         レ  ファ  ラ シ (ド) 

つまり、右手の1の指でドを押さえておいて、
2の指を
ド# 半音、 全音、 レ# ふたつおきと、言いながら、

ずらして弾いていきます。
次のミが、みっつおきになります。

ド ミ 
の次は、ファ ファ# ソ をとばして、ソ#を弾きます。
ド ミ ソ# 
ソ#の次は、ラ ラ# シ をと
ばして、ドになるので、
みっつおきに弾いた場合は、
ド ミ ソ# ド ミ ソ# の3つの音をくりかえすことになります。

 


■ よく見ると、
全音+全音なので、いちばん簡単にみつける方法は、
全音音階をひとつおきに弾くことです。

全音音階右手で上の方 → へ、ひとつおきに弾いた場合。 
               2 3 4 
              ファ# ソ# ラ#
        1 3 1

         レ 

  ソ# と、もうひとつは、 
レ ファ# ラ# ができます。
指は、1、2、4or1,3、5でいいでしょう。
上の方へ続けてド ミ ソ# ド ミ ソ# と弾く場合は、
1、2、4の指を使います。

左手でも弾いてみましょう。
     ド 
   ラ♭(ソ#)  
 ミ 
を右手と同じ指、1、2、4or1,3、5で弾きます。
同じように、
     レ 
   シ♭(ラ#) 
 ソ♭(ファ#)

もうひとつの全音音階も、右手で上の方 → へ、
ひとつおきに弾いた場合。

                       2 3
                       ド# レ#
               1 2 3 1
               ファ ソ  シ 

ファ  ド# と、
ソ シ レ# ができます。
左手、
     ファ 
   レ♭(ド#)  
 ラ 

     ソ 
   ミ♭(レ#) 
 シ も弾いてみましょう。

 

■ 3つの音を、一緒に押えると、
増三和音(ぞうさんわおん)ができます。

ド ド#  レ# 
 半  半 半  半

半音          半音=短2度

半音+半音      =全音=長2度 
半音+半音+半音   =短3度 
半音+半音+半音+半音=長3度=全音+全音


と、半音が増えてきて、
長3度 のへだたりだけでできてる和音のことです。
これも、4種類しかありません。
理論上は、異名同音で読み替えることで、
  ソ# だけでも
 ソ# シ# 、
ラ♭   の3種類の増三和音ができます。
4種類 × 理論上は3種類 → 理論上は12種類の増三和音が存在します。

増三和音で検索すると、
わかりやすい解説ページが見つかります。

■ 楽典 音楽理論の基礎 
■ 誰でもわかる!音楽理論  
■ さまようけんばん  


 

4) オクターブのまんなかは? →

 

 

サイトマップ